タイトル: 東広島で、衝撃的な体験をした話

東広島で、衝撃的な体験をした話

2014年06月11日(水) | 12:00 am

アイスは、すぐに食べないと、溶けてしまいます。物事には手順や時期があるのに、その時期はめったに明示されませんし、その上、手順が秘匿されていることがしばしばありますので、自力で手順を特定して、看破・突破する必要があります。これを徒弟修業といいます。徒弟修業に突破しても、それから更に修行が必要ですので、一流の道へと到達するのは至難の業です。ちなみに、性にも四十八手という体位の方法論があり、恋人同士はこの体位を使って、性を楽しむんだそうです。しかし、私が大好きなデリヘルでは、そういった本番行為は禁止なので、リラックスした状態で精液を吐き出すことで、満足するのです。東広島での体験は、私の黒歴史になりそうです。私は床に寝かされ、ソープ嬢さながらの手つきで体をほぐされました。すると、なぜか彼女の手にはバイブがあり、私はお尻の処女を奪われてしまいました。失神してしまい、気が付くと嬢はいなくなっていました。

同じような記事

(c)2017 広島・山口の風俗体験談. All rights reserved.